依頼から支給までの期間は

未分類

B型肝炎で給付金支給の訴訟を起こす場合、通常の訴訟とは異なって、必要な証拠を国が例示してくれます。給付金訴訟の場合、どれだけ証拠を集められるかがポイントになるので、なるべく多くの証拠を集めましょう。個人でも給付金訴訟は起こせますが、マニュアルなどにも専門語が並べられていて、一般の人では分かりにくいのが気現状です。弁護士に依頼すれば、依頼者に代わって必要な証拠の収集をしてくれます。

訴訟依頼者が気になるのは、訴訟から和解までの期間です。訴訟を起こしたからと言って、すぐに和解出来るわけではなく、状況次第になりますが早くて半年、平均で1年ほどが目安です。ただし、担当してくれる弁護士によっては裁判所出廷や書類作成もすべて弁護士がしてくれます。そのため、訴訟を起こすことで日常生活に影響は出ないので安心してください。

国との和解が済んだ後、B型肝炎患者のところに給付金が支給されるのは約2ヶ月です。和解が済んだ後に発行される「和解調書」を窓口に提出することで、給付金の支給申請が行われます。裁判から和解まで、和解から支給まで結構な期間がかかることを覚えておきましょう。大きなお金が動くからこそ、慎重になっているのです。

Pocket