給付金は誰でも支給されるのか

未分類

B型肝炎であれば、誰でも給付金を支給してもらえるかというと違います。給付の対象になるのは、B型肝炎ウイルスに持続感染している人で、集団予防接種によって感染した一次感染者と、一次感染者の母親から母子感染した子供の二次感染者のみです。それ以外のB型肝炎患者には支給されないので注意してください。

給付金一次感染者、二次感染者と難しい言葉が出てきますが、基本的に感染経路が「集団予防接種」という点は変わりません。また、弁護士に依頼する場合はB型肝炎を専門に扱っている人もいます。該当する人で、弁護士依頼を検討しているのであればB型肝炎に強い弁護士、もしくは弁護団に相談をしましょう。

得意とする弁護士に依頼を勧めるのは、B型肝炎訴訟に慣れているからです。弁護士である以上、一定の知識は有していますが、実際にB型肝炎訴訟に携わったことがあれば、予想外のことにも対応出来る可能性が高いため、経験のある弁護士にした方がいいのです。弁護士事務所のサイトなどには、それぞれが得意とするジャンルが多くあります。その中でB型肝炎訴訟に強い弁護士を見つけましょう。B型肝炎訴訟の経験がある弁護士の場合、依頼から支給までもスムーズに行える可能性が高いです。続いては、依頼から支給までの期間について説明します。

Pocket