B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する理由

未分類

B型肝炎は血液を介して感染する病気です。昭和61年までは、母子感染が多かったのですが母子感染阻止事業が開始されてからは母子感染によるB型肝炎はほぼ見られていません。その後も増え続けたB型肝炎患者ですが、その原因のひとつとして「集団予防接種」があります。小学校など大人数を対処しなければいけない場所では、注射器の針や筒が交換だけではなく消毒もされないまま使いまわされていました。B型肝炎は血液を介して感染するため、予防接種を受けた児童の中に感染者がいたら、一気に広まってしまうのです

集団予防接種集団予防接種が原因で、B型肝炎に感染したと国が認めた場合、給付金が支給されます。ただし、個人で国と戦う場合はかなりの長丁場になるため、弁護士に依頼して訴訟を起こした方がスムーズに支給される場合もあります。B型肝炎の給付金訴訟は証拠を揃えれば国が和解するので、予測立てやすい特徴があります。

国からの給付金は50万円~3,600万円と言われています。なぜ、国が給付金を支給するのかというと、注射器を複数に使う危険性を知っていて放置していたからです。複数使用をせず、毎回交換をするという手間を省いて数をこなした結果、現在の感染者を生み出しました。そのため、集団予防接種などによる感染者は国による被害者と言っても過言ではありません。そういった経緯で国から給付金が支給されます。現在、該当している人で給付金訴訟を起こしていないのであれば、B型肝炎訴訟に強い弁護士を探して依頼しましょう。

Pocket